ユニバーサル通期決算、営業赤字も特別益計上で最終損益は黒字に

ユニバーサル縦ユニバーサルエンターテインメントは2月14日、2018年12月期(2018年1月1日〜12月31日)の通期連結決算を発表した。

それによると、本業の儲けを表す営業損失が、マイナス179億7,200万円の赤字を計上。同社では、2017年12月期に決算期を3月31日から12月31日へと変更しているために単純比較できないものの、前期(2017年4月1日〜12月31日)で計上した営業損失マイナス98億700万円よりも赤字幅が拡大した格好となっている。

また、売上高は932億6,700万円、経常利益はアルゼUSAウィン株式売却分744億7,100万円などが寄与し、672億3,200万円を計上した。最終損益でも、アルゼUSAウィン株式償還などによる特別利益1,588億7,700万円によって、前期(2017年4月1日〜12月31日)で計上したマイナス134億2,600万円の赤字から、1,611億6,800万円の黒字へと転換している。

このうち遊技機事業は、売上高423億6,800万円、営業損失マイナス17億500万円の赤字。遊技機需要の低迷を受け、パチスロ機は9タイトルで3万7,365台、パチンコ機は9タイトルで5万9,585台の販売に留まった。また、フィリピンの「オカダ・マニラ」による統合型リゾート(IR)事業の売上高は、489億3,900万円、営業損失はマイナス60億600万円の赤字となっている。

なお、2019年12月期の連結業績予想は、売上高が前年比71.6%増となる1,600億円、営業利益200億円、経常利益同59.7%減の270億円、最終利益同83.9%減の260億円を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.