北電子がパチスロジャグラー最新作と、1G連搭載の沖スロAT機を同時リリース

ゴージャグ2北電子は2月4日、ジャグラーシリーズ最新作となる「ゴーゴージャグラー2」および30Φ仕様のAT機「マイフラワー30」の内覧会を都内のショールームで行った。

このうち、ジャグラーシリーズ最新作となる「ゴーゴージャグラー2」は、ボーナスで出玉を増やすシンプルなノーマルタイプ。お馴染みの「GOGO!」ランプ点灯でボーナスを告知するわかりやすいゲーム性が特徴だ。

ボーナスは、BBが平均約312枚、RBが同104枚獲得可能。新たにリールのスロー回転や、第3停止ボタンをネジネジすることで、徐々に隠れツノっちが出現するといったプレミアム演出も盛り込まれている。

一方の「マイフラワー30」は30Φ仕様の6号機だ。搭載されている純増約3枚のATは、疑似ボーナスとして構成。レア役当選時の抽選や直接抽選で発動する。ハイビスカスが光ればボーナスという分かりやすい告知機能も搭載されており、出玉はBBが約180枚、RBが約60枚獲得可能となっている。

ボーナスの連チャンは、ATのシナリオ管理で創出されている。ボーナス後は、32ゲームのチャンスゾーンに突入するほか、次回以降のボーナス期待度が異なるルートを抽選。その後2回目のボーナスを引き当てれば、ボーナスの連チャンが期待できるシナリオの抽選が行われるという流れだ。

シナリオは10種類が用意され、それぞれ連チャン期待度が異なる仕組み。シナリオによっては、一見期待度が低いように感じられても、一旦ボーナスを引き当てることで、その後の連チャンが高確率で期待できるものもある。さらに、ボーナスの1ゲーム連も搭載されている。

ホール導入予定は、両機種とも4月8日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

ゴトイメージ

日電協がパチスロの不正改造ゴト被害を集計、約6年半の被害総額は推計280億円に

2019/2/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年2月号

2019-2
主な記事:

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.