大一商会がホール向けのアプリ作成サービスを発表

大一商会は10月21日に開催した「CR哲也2~雀聖再臨~」のプレス発表会の席で、ホール向けのアプリ作成サービス「マイホールアプリ」を展開していくことを発表した。
 
同サービスを活用すれば、客にアプリを無料インストールしてもらうだけで、簡単に自店の会員とすることができ、店舗別のオリジナルコンテンツも作成することができる。「MAXタイプが好き」といった遊技趣向別、あるいは年代別のセグメント管理を行えば、条件を絞ったプッシュ型の通知を行うことも可能。さらに、そのプッシュ型の通知を行った際の開封率を分析できるなど、次の戦略を見据えたマーケティングツールとしても活用できるという。
 
最近では店舗独自のアプリを作る企業も増えているが、そのアプリ作成をメーカー側がサポートするかたちだけに、今後注目が集まりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.