平和、純増約9枚のパチスロルパン最新作と、新感覚の小当りRUSH搭載パチンコ機を発表

平和1001平和は10月1日、都内上野の同社営業本部ビルショールームでパチスロ機の新機種「Sルパン三世 イタリアの夢」およびパチンコ機の新機種「P烈火の炎3」のプレス発表会を開催した。

このうち、ルパンシリーズ最新作となるパチスロ機最大の特徴は、現行機最高となるAT純増約9枚を実現したスペックだ。このATは2タイプの擬似ボーナスで構成。MAXボーナスでは約306枚、もう一方のルパンボーナスでは約60枚が獲得できる仕様だ。

出玉の見せ場は、このMAXボーナスが1ゲーム連するというゲーム性。ボーナス中の演出成功で1ゲーム連がストックされる仕組み。またルパンボーナスでは、MAXボーナスへの昇格があるほか、ボーナスストックの特化ゾーンに突入する期待が持たされている。

一方のパチンコ機は、初回大当りの50%で大当り約3,000個の出玉が期待できる特色を有したミドルスペックの小当りRUSH搭載機。大当り確率は、1/313.5(高確率1/100.0)で小当り確率は1/1.06(特図2)という仕様だ。

さらにこの小当りRUSHは、規定ゲーム数の消化や特定の小当りを契機に発動したように体感できるゲーム性が組み込まれており、例えば10ゲーム以上前兆演出が継続して発生し、実際に小当りRUSHに突入するといった見せ方を実現。新たな小当りRUSHを用いたゲーム性が創出されている。

ホール導入予定は、パチスロ機が12月上旬、パチンコ機が11月中旬から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.