日工組、自由度が増したパチンコ時短機能「遊タイム」の詳細を発表

日工組は3月12日、昨年12月20日に一部改正された解釈基準によって自由度が増した時短機能の詳細について発表した。同組合では昨年12月26日、解釈基準の改正を受け、新たに時短機能の作動回数上限を定めた内規を制定、今年4月1日以降にホール導入される機種からの適用を決定していた。

同組合ではそのうち、あらかじめ規定された回数の図柄が変動したにも関わらず、大当りが発生しなかった際に時短が発動する機能を「遊タイム」と命名。この規定された回数は、解釈基準で大当り確率分母の2.5倍以上〜3倍以下となっており、同組合では、それによって発動する時短「遊タイム」の継続回数を、大当り確率分母の3.8倍以下とする上限値を内規で定めた。

例えば、大当り確率1/319のミドルスペックに「遊タイム」が搭載された機種は、大当りが発生せずに図柄が798〜957回変動した時に、この「遊タイム」が発動。最大で1212回継続する仕様となる。

同組合では「『遊タイム』をはじめとする新機能は、パチンコの遊技性を向上させる可能性を秘めており、ファンのみなさまにもきっと新鮮な驚きをもって受け入れられると確信している」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.