西陣、ミドルのV確2回ループタイプで名作ホラー映画をモチーフとしたパチンコ新機種を発表

西陣13日金曜日西陣は10月8日、名作ホラー映画をモチーフに確変2回ループのゲーム性を有したパチンコ機の新機種「P13日の金曜日」の内覧会を都内上野の同社ショールームで開催した。

大当り確率1/319.69(高確率1/100.21)というミドルスペックのV確ループ機となる新機種最大の特徴は、一度確変に突入すれば、以後2回の大当りが確定する2回ループのゲーム性を有している点だ。

特図1からの確変突入率は52%で、特図2からの確変突入率は100%となっている。このうち、特図2からの大当り時は、次回大当りを狙う主な入賞口が、特図1または特図2のどちらかで振り分け抽選される。この大当り抽選の入賞口を変化させることなどによって、2回ループのゲーム性が創出されている。

大当りの出玉は、オール1,000個。2回ループの実質継続率は約83%と高い継続性能が実現され、非確変大当り後は50回の時短が発動する仕様だ。

ホール道入予定日は12月2日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.