豊丸のパチンコ新台で華牌と「ローズテイル」がコラボ、遊びやすい甘デジの転落タイプに

豊丸華牌豊丸産業は8月31日、同社が提案する「遊びやすい・簡単・面白い」を追求した甘デジシリーズ「遊moreコレクション」第4弾となるパチンコ機の新機種「P華牌R〜猿渡翔がローズテイルにやってきた〜」のプレス発表会を都内台東区のトーセイホテルココネ上野で開催した。
 
華牌シリーズと、同社オリジナルコンテンツの「ローズテイル」が融合した新機種は、6段階設定を搭載した、遊びやすい甘デジスペックの確変転落タイプ。プロ麻雀団体「麻雀連合」が監修したというリアル麻雀エンジンを搭載することで、リアルな手牌進行など、本格的な麻雀バトルを楽しむことができる演出構成が特色だ。

大当り確率は、1/129.8〜1/106.9(高確率1/66.3〜1/54.6)で、確変割合は80%、電サポは50回〜100回+αが付随し、確変からの転落確率は1/70となっている。和了役に応じた大当りの出玉は、特図1大当りで300個〜1,000個となる一方、麻雀で親の獲得点数が1.5倍となることを踏まえ、特図2での大当り出玉が1.5倍となる「親システム」を搭載。その際は出玉450個〜1,500個が獲得できる。

ホール道入予定日は11月5日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.