1種2種タイプのパチンコゴルゴ13に、平均継続率約76.5%の甘デジバージョンが登場

ゴルゴ13ライト筐体SANKYOはこのほど、今年1月にホール導入を果たした同名タイトルの甘デジバージョンとなるパチンコ機の新機種「Pフィーバーゴルゴ13Light ver.」をリリースした。

1種2種タイプとなる新機種は、大当り確率1/113.0で、高ベース中の図柄揃い確率は約1/7.7。特図2での残保留引き戻し込みの合算平均継続率は約76.5%となっており、遊びやすさと出玉性能のバランスが追求されたスペックになっている。

大当り出玉は810個、または540個、270個。特図2大当りの約40.8%で9R(810個)の出玉が獲得可能だ。

ホール導入予定は、7月8日から。

ゴルゴ13コピーライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.