SANKYO、パチンコ「Fバイオハザード リベレーションズ2」に新スペック

SANKYOはこのほど、昨年発表された同名タイトルのライトミドルおよび甘デジバージョンとなるパチンコ機の新台「フィーバー バイオハザード リベレーションズ2 1/199」(=写真)と「同LIGHTver.」の2タイトルをリリースした。V確変転落タイプという基本的なゲーム性や演出などは前作を継承。より遊びやすいスペックが追加された格好だ。

このうち、ライトミドルタイプとなる「同1/199」の大当り確率は、1/199.8(高確率1/127.5)、転落確率1/409というのが基本スペック。確変は特図1で10%、特図2で100%、電サポは100回もしくは100回+αが付随する仕様になっている。出玉は600〜1,500個の間で4種類。時短引き戻しを含むRUSH突入率は約45.5%、同継続率は約80%だ。

一方、甘デジタイプとなる「同LIGHTver.」の大当り確率は1/99.9(高確率1/69.6)、転落確率が1/131。確変は特図1が5%、特図2が100%となっている。電サポは50回または50回+αが付随し、時短引き戻し込みのRUSH突入率は約42.6%、同継続率は約71%、大当り出玉は、300〜1,000個の間で5種類。遊びやすさと出玉感のバランスが追求されている。

ホール導入予定日は7月20日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.