豊丸、短時間遊技に適した一撃6750個のパチンコ新台をリリース


豊丸産業は11月9日、都内上野のショールームでパチンコ機の新機種「Pワイルドロデオ6750だぜぃ」の内覧会を、手指消毒や台間の確保といった新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じたうえで開催した。

イメージキャラクターにお笑い芸人のスギちゃんを起用した新機種は、役物と7セグ抽選が融合した2種タイプ。一度の大当りで、1,350個×5セット、計6,750個が獲得可能な出玉性能を有している点が最大の特徴だ。

ゲームフローは、飛び込み口から上部役物に突入した玉が、スタートチャッカーに入賞することで、確率1/49.9で設計されたデジタル抽選がスタート。図柄が揃うことで、最終ステップとなる役物抽選に挑戦できる流れだ。

役物抽選は、制限時間を耐えきることで大当りというゲーム性。玉が中央のステージ上で回転するギミックに弾かれてハズレ穴に落ちないまま、60秒、40秒、20秒の3パターンが設けられている制限時間が経過すれば大当りとなる。なお、特図2抽選となる連チャン中の役物抽選で設けられている制限時間は0秒。そのため、リミット5回分まで大当りが継続する仕組みになっている。

ホール導入予定日は一部地域を除き、来年1月11日から。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.