高尾がパチンコ一騎当千の最新作を発表、1種2種タイプで最大継続率は約90%

登場キャラクターのコスチュームを纏った女性らが新機種とのフォトセッションを行った

高尾は10月28日、都内上野の同社東京支店ショールームで人気タイトル最新作となるパチンコ機の新機種「一騎当千SS斬 孫策Ver.」のプレス向け説明会を開催した。

1種2種混合のミドルタイプとなる新機種は、付随する時短回数によってRUSH継続率が変動する仕様が特徴。RUSH突入率は100%で、初回こそトータル約55%継続となっているが、右打ちでの大当り時は、1対1の割合で、約90%もしくは約70%継続に振り分けられる仕組みだ。

大当り確率は、1/319.6(特図2は1/46.0)、電サポ回数は31回または51回、100回のいずれかとなる。出玉は、560個、1,270個、1,400個の3種類。このうち、右打ち中大当り時の出玉はすべて約1,270個以上が獲得できるスペックになっている。

ホール導入予定は12月中旬から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.