SANKYO「トータル・イクリプス」のパチンコ・パチスロで試打会、PSともに高い継続性能

SANKYOは10月23日、人気アニメ「トータル・イクリプス」を採用したパチンコ機およびパチスロ機のプレス向け新機種試打会を、都内上野のショールームで実施した。

このうち、パチンコ機「Pフィーバートータル・イクリプス」は、大当り確率1/199.8(高確率1/99.9)のV確変ライトミドル。確変非報知にすることで、大当り後に発動する電サポ100回中にST機のようなドキドキ感を生じさせるゲーム性が特徴だ。

時短引き戻しを加えたトータルの継続率は約84.3%。大当り出玉は、200個から1,000個の間で6パターンとなっている。また、あらゆるタイミングで落下するという迫力の巨大可動ギミックや、オリジナル2曲を含む全6曲からなる楽曲なども見どころだ。

一方のパチスロ機「Sトータル・イクリプス2」(写真)は、最大継続率約96.4%という純増約2.7枚のATを搭載。基本的に擬似ボーナスとATによって出玉を獲得していく仕様となっている。

ATは主に1セット30ゲーム継続する「サバイバルタイム(ST)」と、1セット10〜50ゲーム継続する「シューティングチャンス」によって構成。このサバイバルタイムの連チャン性を、シューティングチャンスによって高めていくことが可能なゲーム性が特徴となっている。

ホール導入予定日は、パチンコ機が11月18日、パチスロ機が12月9日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.