SANKYOが確変非報知の突破型ライトミドルでパチンコ新台、トータル継続率は約84.3%

トータル・イクリプス筐体SANKYOはこのほど、人気アニメをモチーフとした新機種「Pフィーバートータル・イクリプス」をリリースした。

大当り確率1/199.8(高確率1/99.9)のV確変ライトミドルとなる新機種最大の特徴は、確変非報知にすることで、大当り後に発動する電サポ100回中にST機のような緊迫感を生じさせるゲーム性だ。その一方で、電サポが101回転目に突入すれば、確変が確定する安心感が得られる設計にもなっている。

特図1での大当りは、3R確変(18%)もしくは3R通常(82%)に振り分けられ、もれなく電サポが発動。特図2での大当りでは、獲得出玉が多いほど確変突入の期待度が高まる仕様だ。

時短引き戻しを加えたトータルの継続率は約84.3%。大当り出玉は、200個から1,000個の間で6種類が用意されている。また、あらゆるタイミングで落下するという迫力の可動ギミックや、オリジナル2曲を含む全6曲からなる楽曲など、演出面もみどころの一つだ。

ホール導入予定日は、11月18日からとなっている。

トータル・イクリプスコピーライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.