SANKYOが第2四半期決算を発表

SANKYOは11月6日、平成27年度3月期第2四半期決算短信を発表した。

平成26年4月~9月の売上高は前年同期比64.8%減の368億4,400万円、営業損失48億5,300万円(前年同期は営業利益264億1,500万円)、経常損失43億8,000万円(前年同期は経常利益274億2,300万円)、四半期純損失41億6,200万円となった。
 
遊技機の販売台数がパチンコ機で前年同期比13万9,000台減の7万1,000台、パチスロ機は同2万4,000台減の2万8,000台に留まったことが要因だが、「当初より大型タイトルの投入を下半期以降に集中させた計画」とし、通期業績の予想に変更はない。通期業績は、売上高1,720億円、営業利益192億円、経常利益209億円、当期純利益142億円を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

nicohan1

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.