SANKYOのパチンコ新台は、最大継続率約80%のシンフォギアスペック

アクエリオン筐体SANKYOはこのほど、人気シリーズ最新作となるパチンコ機の新機種「フィーバーアクエリオンW 最終決戦ver.」をリリースした。ホール導入予定は3月4日から。

新機種は、シリーズ初となる1種2種の混合タイプ。RUSHの連チャン性が人気を博したいわゆるシンフォギアスペックとなっている。また同機は、新規則対応ながら、最大RUSH継続率が約80%と、高い連チャン性能が引き続き継承されている。

大当り確率は、約1/199.8(高ベース時約1/7.44)で、時短は1回もしくは7回。RUSH突入率は約52%となっている。出玉は、最大1,400個または980個、700個、420個となる。

アクエリオンコピーライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

みんなのパチンコ

日工組が「みんなのパチンコフェス」の開催を発表、「連れパチ」テーマに来年2月秋葉原で

2018/12/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.