MIRAI、大型セミナーの成功受け、来春にも第二弾を開催

記者会見に応じる東野代表理事(右)と金光副代表理事(左)

MIRAIぱちんこ産業連盟は11月9日、都内新宿区のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターでウェブ併用の定例理事会を開催し、終了後に記者会見を行った。業界マスコミとの直接会見は約1年半ぶりで、出席に際してはワクチン接種証明書および陰性証明書の提示が求められた。
 
会見では10月25日から29日まで5日間にわたって開催された「MIRAI の学校 2021秋のオープンキャンパス」の総括が報告されるなどした。団体設立1周年記念事業の一環として実施された同キャンパスは、コロナ禍の長期化によって、営業活動が著しく制限されている賛助会員企業の販路拡大および、今後の営業活動をサポートすることを目的としたセミナー型プレゼンテーション。会見で感想を求められた東野昌一代表理事は「コロナ禍での開催ということで当初は参加者が1,000名くらいの申し込みがあればと思っていたが、4,000名以上の申し込みをいただき、好結果だと受け止めている」とコメント。内容については幾つか改善点は見られたとしながらも、「終了後に実施したアンケート結果をみると、賛助会員からは100%、受講者側であるホールからも8割が良かったという評価をいただいた」と話した。また、金光淳用副代表理事も「賛助会員の営業活動としては、日頃のコミュニケーションや人間関係に基づいたアナログな方法も有効だが、一方で通販やTVショッピングのようにリモートという新たなツールも有効ということが今回の取り組みを通じて分かった。そういった意味でも一定の成果があったと思う」と会員企業の営業ツールを広げた点を強調した。
 
セミナー期間中は、賛助会員企業が講師となって全20講座のセミナーを行い、4,391名がリモートで受講した。受講に際しては、「産業を大きく成長させる」というコンセプトも掲げていたことから、MIRAI会員企業に限定せず、業界関係者なら誰でも申し込みができるよう門戸を大きく広げてもいた。現在、MIRAIの構成会員は正会員66社に対して賛助会員は98社。MIRAIでは今回の成功を受け、今後も賛助会員のサポートを続けていく意向で、同キャンパスの継続開催を検討。第二弾として「2022年春のオープンキャンパス」の開催を予定している。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.