2023.3.18

加速する店舗数の減少、時流に合わせた意識変化も手探りの状態

全日遊連がこのほど発表した組合加盟店舗の実態調査では、2023年1月末時点の営業店舗数は6,803店舗と前月(2022年12月末)比で54店舗の減少となった。一昨年末(2021年12月末)の7,637店舗に対し2022年12月末は6,857店舗と、昨年1年間で780店舗減と1割近くが減ったが、今年に入っても歯止めがかからない状況が続いている。

全日遊連の非組合員を含めた店舗数は、各種調べなどからすると2月の時点で7,100店舗強とみられるが、GW明けの商戦後は閉店・廃業の加速が予測されるため、5月末には7,000店舗の大台を切る可能性が高いとみられている。さらに来年上期には改刷も控えているため、その辺りまでは閉店ラッシュが続き、6,500店舗ほどで頭打ちするのではという関係者の見方も一部にある。

閉店・廃業を判断するも物件の引受け先に苦慮

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。

RELATED ARTICLE 関連記事

このページの内容をコピーすることはできません