4月のホール企業採用熱、2か月連続で平均値1.0ポイントを超える

パチンコ業界に特化した人材採用支援を行うパック・エックスが、ホール企業の採用意欲について毎月まとめている「パチンコホール企業の転職市場状況」によると、2021年4月の採用ニーズは前月とほぼ横ばいで推移、2か月連続で平均値1.0ポイントを超えたことがわかった。同社の滝沢統括マネージャーは「欠員補充や戦力補強を目的とした採用ニーズが高まり活発的な動きが目立った」とし「新型コロナ変異種の感染拡大は一部地域だけではなく全国的な広がりを見せているが、緊急事態宣言の発出が月末に近かったからか採用ニーズへの影響は4月時点では見受けられなかった」と述べる。一方で「人材動向としては感染拡大した地域への対面式の面接に抵抗感を示すケースが増え、これら地域においてWEB面接を導入している企業と導入していない企業とで選考希望者数に差が出ている」としている。

「パチンコホール企業の転職市場状況」はパック・エックスが独自に算出している指標。数値が平均値1よりも高いとパチンコホール企業の求人が多いということになり「採用熱が高い」ことを、平均値1よりも低いと求人が少ないということになり「採用熱が低い」ことを示す。
市場では、矢野経済研究所が「パチンコ経営企業及びパチンコホール調査結果2020」をまとめ、昨年12月末までのホール経営企業数を前年末から221社減った2577社と発表した。15年以上に渡って減り続けているホール企業数は2013年以降、年間100社以上のペースで減少、ホールも前年末から608店舗減の8778店舗となっている。同社の分析では、小規模企業・店舗を中心に淘汰が進行しており、新型コロナが集客面にも大きな営業を及ぼしていることから当面は経営企業数・店舗数ともに減少が加速するとの見通しを立てている。

転職市場の今後について滝沢統括マネージャーは「一部地域でGWを前に3度目の緊急事態宣言が発出されたが、1度目、2度目と過去の緊急事態宣言時は採用ニーズに大なり小なり影響があったことから、今回も該当地域においては影響が出ると予想している」と述べる。一方で「人材動向としてはGWを含め5月上旬はかなり鈍化しそうだが、昨年の傾向を踏まえると緊急事態宣言の解除の有無に関わらず中旬ごろから活発化すると読んでいる」とし「特に即戦力が期待できるキャリア層は居住地から遠方の企業を気にする場合も多く、緊急事態宣言時は特にWEB面接の有無は求める人材との出会いに影響を及ぼす」と見解を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.