サブ基板の点検交換対象機種に2機種追加

パチスロ機の不正対策の一環として実施されていたサブ基板の点検交換対象機種に2機種が新たに追加されたことが分かった。追加対象機種となるのは、サミーの「パチスロ獣王 王者の帰還」(型式名・獣王ZS)と大都技研の「吉宗」(型式名・吉宗A3)。全日遊連が10月22日、各都府県方面遊協理事長あてに伝達した。

この2機種については、ホールがデータの異常に気づき、メーカーに確認依頼をしたことから発覚したという。それを受け、日電協から、「目視での発見が困難であることから、当該2機種についてもサブ制御基板交換作業を実施したい」との要請が全日遊連に寄せられていた。

当該2機種は、すでに先行してサブ基板の交換作業が実施されている3メーカー4機種同様、設置中のサブ基板を、物理的な剥離対策が施された「日電協統一点検済シール」が貼付されたサブ基板と交換する。交換作業の開始時期は、「パチスロ獣王 王者の帰還」が来年2月、「吉宗」が今年12月を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.