千葉流通商が総会、新システム再開と会員増強に注力

千葉流通商の総会web用千葉県のホールに賞品を卸す商社で組織する一般社団法人 千葉県流通商防犯協力会は6月21日、千葉市内の三井ガーデンホテル千葉で定時総会を開催。役員改選で新理事長に立澤眞人氏を選任した。
 
冒頭に挨拶した高橋雄豪理事長は、今までのやり方をしていてはホールや問屋の減少に歯止めがかからないとして「早急に変わらなければならないことは何かといえば、賞品問題の解決だと思っている。この問題に対処するには、手数料制の導入しかないと考えている。三店方式の確立や賞品の価値、還流の問題を解決するには、千葉県遊協と協議を進めながら新賞品流通システムの再開を早期に進めなければ我々の業界は生き残れないと考えている。幸い県内の業界関係者からも再開を熱望する声が挙っている。業界の健全化のためにも前に進めていきたい」と述べた。
 
特別講話では、千葉県警察本部生活安全総務課の岩立順子課長補佐が県内の治安情勢など、同本部捜査第四課暴力団対策室の鵜殿幸治室長が県内の暴力団情勢について述べた。
 
議事の役員改選では新理事9名を選出。理事会で立澤眞人理事長を新任した。報告事項では事業推進重点として、防犯対策と暴排活動の推進、健全な経営活動と社会貢献における地位向上、新システムの再構築に向けた調査研究に加え、新規会員の加入促進を新たに追加した。また、総会では恒例の寄付金贈呈式が行われ、千葉県社会福祉協議会、千葉日報福祉事業団、千葉いのちの電話、千葉県帰性会の4団体に寄付金が贈られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.