回胴遊商が巡回活動における特別強化月間の結果を報告

回胴遊商は毎年夏場に行っている「幼児車内放置ゼロ」巡回活動における、特別強化月間(7月1日から8月末日まで)の結果をまとめ、今年は発見事例がなかったと報告した。
 
この巡回活動は平成17年から始められ、今年で10年目。回胴遊商組合員が取引先ホールを訪問した際に駐車場を見て回り、来店客の車の中に置き去りにされている子どもがいないか、あるいは異常がないかを確認するというもの。さらに夏場の特別強化月間中には、訪問の前後2回にわたり駐車場内の見回りを行うことにしている。これまで10年間の活動の中で、組合員7社によって10名の幼児が発見されているが、いずれも大事にはいたらなかったという。
 
回胴遊商では特別強化月間終了後に活動状況や気付いたことなど、見回りにおける留意点をまとめている。
 
今年は、「窓ガラスが開いている車両、スモークガラス着色フィルム装着車輌に特に注意して巡回した。スモークガラスの車両や立体駐車場内の見えにくい車両はペンライトを使いながら巡回した」「立体駐車場で1階から5階まである大きい駐車場で影になっている場所もしっかり確認した」「大型SUV車は車高が高く社内の目視がしづらい車種もあった」などのほか、「窓が少し開いている車両が何台かあり、盗難防止のために店舗へ報告した」といった防犯上の問題点を指摘する声も寄せられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.