日遊協がファンアンケートの結果概要を公表

日遊協は4月、2019年度のパチンコ・パチスロファンアンケート調査(ホール来店客調査)の調査結果の概要を発表した。調査は昨年11月上旬から12月にかけて全国の日遊協加盟企業のホールの来店客などを対象に行い、30社162店で2,811人の回収サンプルを得た。

それによると、1日あたりの利用金額は全体の約40%が「1万円から3万円」でもっとも多く、ついで「5,000円から1万円未満」が20%、「3万円から5万円」が17%だった。もっとも低い「3,000円未満」では約半数の47%が60代以上で、「3,000円から5,000円」でも60代が56%がを占める一方、「5万円以上」では40代が28%でもっとも多かった。

また、前年調査に引き続き、全体の約3割の人が1年以上のパチンコ・パチスロの中断経験があることが示され、中断理由、再開理由ともに、自由になる時間やお金など、自分自身を取り巻く環境の変化がもっとも多く挙げられた。中断理由について、男性30代は「出玉の波の荒い機種がなくなったから」が他の層よりも高く、再開理由では男女ともに20代以下は「他の人に誘われたから」が高かった。
 
さらに今回の調査では、将来的にパチンコ店にあったら便利だと思う施設・サービスや、遊技中の禁煙と依存問題に関する告知状況についての質問も設けた。便利だと思うサービスでは、全体に「キャッシュレスで遊技できるシステム」が25%でもっとも高く、一方で、女性の30代と40代では「インターネットショップを利用できる景品交換システム」の値が高かった。
 
2020年4月からの改正健康増進法の施行に伴う遊技中の禁煙の認知度では、これを「知っている」と回答したのは全体の53%で、喫煙者でも56%に留まった。この環境の変化に伴うパチンコ・パチスロの頻度、滞在時間、遊技するホールについては、現状と変わらない考えが半数以上を占めた。喫煙者に限定するとこれらの値は下がるものの、いずれも現状維持派が40%台を占めている。
 
また、依存問題に対する告知に関する認知状況では、リカバリーサポート・ネットワークの相談窓口ポスターで56%、18禁ステッカーで53%、のめり込み防止標語で40%、安心パチンコ・パチスロアドバイザーで35%、自己申告・家族申告プログラムで30%だった。男女とも30代以下では、いずれの広告も認知率が高かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.