日遊協が第30回通常総会、重点事項に依存問題対策の積極的推進など掲げる

日遊協総会web用日遊協は6月18日、都内新宿のハイアットリージェンシー東京で第30回通常総会を開催し、今年度の重点推進事項として新時代にふさわしいビジネスモデルへの課題解決と推進、依存問題対策の積極的推進、消費税増税への対応などを掲げた。
 
会長挨拶では大久保正博副会長が庄司孝輝会長の挨拶を代読。現在の懸案である消費税引き上げ、新規則機の入替、依存問題対策、受動喫煙対策に触れ、新規則機の入替については特に6号機の適合率の低さが懸念されるとして「行うべきは行った上で、業界としての要望があれば声を一つにして声を上げていかねばならない」とし、「各団体が結束し、行政と緊密に連携をとり、この難局を乗り切っていかねばならない」と協力を求めた。
 
議事では上程案件をすべて可決。役員補充も行われ、新理事3氏の就任を承認した。また、総会では警察庁生活安全局保安課の山田好孝課長の行政講話、功労役員表彰式、第8回目となる遊技機アワードの表彰式も行われた。遊技機アワードは昨年度の導入機種で幅広く支持を得たと思われる機種を選考したもの。最優秀賞、特別賞、新規則チャレンジ賞、デザイン賞、稼働貢献賞、最多販売賞が発表され、最優秀賞にはパチンコ部門で「CRぱちんこ冬のソナタRemenber」(京楽産業.)、パチスロ部門で「パチスロディスクアップ」が選ばれた。
 
総会後の懇親会には関係団体から多数の来賓が出席。山田課長のほか、葉梨康弘衆議院議員、全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の筒井公久理事長が祝辞を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧基準機撤去の21世紀会決議、守らない組合員の資格一時停止へ

2020/7/16

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.