中古機流通の保証書の有効期間を延長

中古機流通協議会は5月27日、中古機流通制度における検定機の保証書の有効期間を延長することを構成団体に通知した。2月1日以降に作成された保証書は、6月末日まで有効なものとして取扱う。
 
検定機の保証書は作成した日から50日以内に都道府県の公安委員会に提出することとなっているが、新型コロナウイルス感染症の影響でホール営業所、製造業者、販売商社で休業や時短営業、さらには遊技機取扱主任者の現場作業の自粛が続いたため、保証書の有効期限が過ぎている書類が多数存在していた。このため協議会では、警察庁に対し、有効期間の50日を過ぎた後も所轄署での申請書類を受理してもらうよう要望していた。
 
これを受け警察庁では、新型コロナウイルス感染症の影響による臨時の措置として、2月1日以降に作成された保証書について、作成から50日を過ぎたものでも6月末まで有効なものと取扱うことを決め、各都道府県警察に通知した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.