回胴遊商が救急ヘリ病院ネットワークに寄付金を贈呈

回胴式遊技機商業協同組合は6月25日、都内の組合会議室において認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)に寄付金100万円を贈呈した。この取り組みは、回胴遊商の確認シール貼付事業の売上の一部を社会貢献活動に有効活用しているもので、HEM-Netへの寄付金贈呈は今年で5回目。贈呈式では回胴遊商の大饗裕記理事長からHEM-Netの國松孝次会長に目録が手渡され、國松会長からは大饗理事長に感謝状が贈られた。

國松会長は、「私どもは行政から独立した立場で、補助金等を受けずに、広く個人や法人の賛助会員からの寄付金で活動を支えていただき、それら浄財を有効に活用させていただいています。回胴遊商様からは定期的に、すでに5回にわたってご寄付をいただいており、感謝に堪えません。遊技業界を取り巻く環境も、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて大変厳しいとお聞きしておりますが、業界が一丸となって、ぜひともこの危機的な状況を乗り越えていただきたいと思います」と感謝の言葉を述べた。

HEM-Net(Helicopter Emergency Medical Service Network) はヘリコプターによる救急医療の普及推進を目的に1999年12月に発足。2007年6月にドクターヘリ導入促進のための法律「ドクターヘリ特別措置法」が成立したことを機に、ネットワークの整備が急速に進んでいる。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.