日遊協、定款変更し21世紀会決議違反ホールを資格停止へ

日遊協は7月16日、テレビ会議を使った定例理事会を開催し、6月23日に開催されたパチンコ・パチスロ産業21世紀会で、旧基準機撤去に関する5月20日付決議に違反したホールを資格停止にできるよう、各団体の規程の整備が求められたことを受け、定款の変更を臨時総会を開催して行うことを決めた。
 
変更案では、5月20日付の「21世紀会決議」の順守を求めるとともに、決議に違反した会員には定款に定める処分として、「資格停止」を講じることができる条文を追加する。臨時総会は9月11日に開催し、ペナルティは10月1日から施行となる見通し。また、新型コロナに伴う休業要請に応じないホールに対して退会勧告等を行ったが、その手順等について先の総会で理事らから意見があったことを受け、会員に関する規程の整備を行うことを決めた。
 
さらに理事会では、「日遊協の在り方・改革PT」の設置について報告があり、7月21日に第1回会合を開催することが示された。PTは新経営者会議のメンバーを含め15名で構成。室長は韓裕副会長、リーダーは西村拓郎副会長、アドバイザーに中村昌勇副会長、樋口益次郎副会長、大久保正博理事が就任。ZOOMを使い、週に1回から2回の頻度で開催する予定だという。
 
理事会冒頭の挨拶で庄司孝輝会長は、「6月18日の総会で理事の皆様より組合運営の多岐にわたるご提言をいただいた。総会後より、ZOOMを利用した正副会長会議等を積極的に開催し、それらのご提言の実現に向けた取組を進めてきた。本日は、新体制下で初めての理事会。改革の第一歩となる新しい施策を皆様にご審議いただきたい」と述べるなどした。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.