全国青年部会有志で遊技場の換気に関する検証動画

東京都遊協は9月29日、都内市ヶ谷の遊技会館で理事会を開催し、各委員会からの報告連絡事項が伝えられた。
 
理事会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、「コロナ禍の厳しい状況の中、今回、12月末までに撤去する予定の機械を1月11日まで延長することをホール系5団体で話し合い、行政やメーカー、販社のご理解を得た。設置期限の延長については、もっと長い期間を要望する方もいるが、それはメーカーや販社の理解を得られるものではない。いろんな要望はあるだろうが、自分の利益のことばかり主張していては業界は前に進まない。みんながなんとか納得し、協力しあった中で業界全体が良くなる環境にしていきたい」と述べ、理解と協力を求めた。
 
報告事項では、経営委員会の小田精一委員長が自社倉庫などにある廃棄台の適切な処理をできるだけ早めに行うよう呼びかけたほか、機械対策委員会の佐藤統委員長があらためて21世紀会決議における年内撤去対象機の撤去期限延長を説明。対象となる主な機種名を例示し、認定機と検定機が混在していることなどへの注意喚起を行った。
 
また、青年部会の金村成芳部会長からは、全国青年部会の有志で遊技場の換気に関する検証動画を制作していることが報告された。動画では、多くのパチンコ店がタバコの煙対策で法定必要換気量を大幅に上回った数値で設計していることなどを示し、複数の施設で行った換気実証実験の様子を収録。専門家のコメントなども交え、業界の新型コロナ対策を広報する。10月の中旬から下旬にかけて公開する予定だという。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.