都遊協総代会、感染症対策と旧規則機撤去の継続的取組みを確認

東京都遊協は5月26日、都内市ヶ谷の遊技会館で通常総代会を開催し、新型コロナ感染症対策の継続や旧規則機の計画的撤去を総力を挙げて行っていくことを確認した。
 
議案審議では上程案件をすべて承認。事業報告では、組合員店舗数が対前年度比62店舗減の715店舗になったことを報告したほか、業界を取り巻く環境が過去に類を見ない厳しい中にあって、依存対策に取組む関係諸団体への助成を含め多くの社会貢献活動を実施したことなどを示した。事業計画では、本年度も引き続き万全な感染症対策を継続し、安心して遊技できる環境を提供していくことや、旧規則機の計画的撤去を業界が総力を挙げて実行する必要があることを強調した。
 
また、当日開催した臨時理事会では、5月7日の21世紀会決議の改定を受け、これを遵守する決議を行ったほか、退任した副理事長の後任に柳桂観氏(大崎組合)と伊藤誠規氏(東大和組合)を選出した。
 
総代会では警視庁生活安全部の江口博行風俗保安対策官がリモート形式で行政講話を行った。席上、江口対策官は、旧規則機の計画的撤去、依存防止対策への積極的な取組み、広告宣伝等の健全化、恒常的な暴力団排除と再関与防止の4項目を要請。遊技機の適正処理を求めたほか、広告宣伝の健全化については、インターネット上でのイベント情報の発信について、サイト運営者ではなくホール営業者の行為としてみなされるとして、ホールがきちんと掲載内容を確認するよう促した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.