新規則機設置比率、5月末時点の全体数値は「新目標」に届かず

全日遊連は6月7日、各都府県方面遊協に旧規則機の計画的撤去の更なる促進を呼びかける文書を送付した。文書で全日遊連は、メーカー団体及び販社団体から届いた5月末日時点における全体の新規則機設置比率が、目標値65.0%に対して64.2%とわずかに届かなかったことを示した。全日遊連では、目標を超えている県がある一方、これが大きく下回っている県もあるとして、数値を参考にしながらあらためて旧規則機の計画的撤去の促進を図るよう求めている。
 
パチンコ・パチスロ産業21世紀会では5月7日に旧規則機の撤去に関する決議内容の改定を行うとともに、新たな進捗計画として「新目標」を掲げていた。新しい目標値はパチンコ、パチスロを合わせた新規則機の設置比率で、2021年5月末を65%とし、以下、6月末70%、7月末75%、9月末80%、10月末85%、11月末90%、12月末95%とし、2022年1月末で100%とする。
 
供給側団体がまとめた5月末時点における新規則パチンコ機の設置比率は全体で70.1%。都道府県別では群馬県の74.6%から鳥取県の62.6%まであまり差が見受けられないが、一方のパチスロ機は全体で55.2%の設置比率に対し、群馬県の63.9%から沖縄県の32.5%まで格差が大きい状況が示されている。パチンコ、パチスロともに新規則機比率が高い群馬県の合算値は唯一70%を超え、最下位の沖縄県とは23.5%もの開きがあった。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.