回胴遊商中部・北陸支部と中部遊商が千鳥ヶ浜で2年ぶりの清掃活動

回胴遊商中部・北陸支部は7月15日、中部遊商と合同で愛知県知多郡の内海海岸千鳥ヶ浜において清掃活動を行った。この取り組みは環境保全活動の一環として毎年実施しているもので、昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を鑑み中止となったため、今回は2年ぶり12回目の活動となった。
 
当日は炎天下の中、両団体合わせて54名の組合員がボランティアとして参加し、午前10時から11時まで、約1時間にわたってごみ拾いに汗を流した。毎年同地では花火の燃えかすやたばこの吸い殻、ペットボトルなどが大量に散乱しているが、今年は外出自粛の影響で例年に比べてごみの量はかなり少なかったという。
 
坂井洋一中部・北陸支部支部長は「昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、開催を見送らざるを得ませんでしたが、今年は愛知県に出されていたまん延防止等重点措置も解除され、無事に開催することができました。今回2年ぶりの開催となりましたが、当組合としては10年以上続けてきた活動であり、今年も地元の方から励ましや労いの言葉を掛けていただきました」と述べた。また、清掃活動に参加した組合員からは「ボランティア活動を通じて、久しく会えなかった皆さんの元気な笑顔を見ることができて本当によかった」「他団体と一つの目的を共有して力を合わせることができる活動を今後も続けていきたい」といった感想が寄せられた。なお、例年実施していたバスを使用しての移動と、清掃活動終了後に行っていたバーベキューによる懇親会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.