日遊協が広報担当者集め2回目の「井戸端会議」

日遊協の広報調査委員会は7月15日、会員企業の広報担当者向け企画として「広報担当者井戸端会議」を、ウェブ会議システムを利用して開催した。社会環境の変化を踏まえ、各社の広報担当者が抱える課題を共有し、ディスカッションを通して今後の広報のあり方を考えることを目的に行っているもので、今年3月に続き2回目の開催。
 
会議の冒頭、福山裕治担当副会長兼委員長が「多彩な講師をお招きして2018年から広報担当者フォーラムを開催してきたが、昨年からのコロナ禍で一堂に会してフォーラムを行うことが非常に難しくなっており、今年からは情報交換会に特化した井戸端会議に形を変えて開催している。半数以上の方が前回から引き続き参加されていて趣旨をしっかり理解していただいている。今日初めての方たちも気楽に悩みや広報に対する情報共有をしていただきたい」と挨拶。参加者22名に10名の委員がファシリテーターとして加わり、前回のアンケートで多くの参加者が課題として捉えていた「SDGs」、「SNS」、「社内広報」、「社外広報」といった4つのテーマに絞り込み、グループ分けしてディスカッションを行った。
 
参加者からは、「SDGsはまだ手を付けていないため、早く取り組まなくてはというのが実感。社内広報はグループのみなさんが社員同士のコミュニケーション活性化に重点を置かれていると聞き、今後の課題として取組みたい」「初めて参加したが、非常に良い経験となった。別部門でも以前から業界の横のつながりや情報のシェアの機会を作っていて、あらためてこの業界のいいところだなと思った。ホール、メーカーなどのジャンルを超えていけるたいへん楽しいアイディアが出たので、ぜひ実現したい」「社外広報とSDGsに参加したが、他社の取組みを聞かせていただく貴重な機会となった。今後の活動の参考にさせていただきたい」といった意見が出た。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.