MIRAI、10月にセミナー型プレゼン開催

MIRAIぱちんこ産業連盟は8月25日、都内台東区のオーラムでウェブを併用した理事会を開催し、新規加盟および休会申請案をそれぞれ承認した。理事会には、理事18名、監事2名、委員長1名が参加した。
 
理事会の冒頭、東野昌一代表理事は、理事会直前に行われた公開経営勉強会「広告宣伝の在り方」の内容を踏まえながら、今後、MIRAIでは、広告宣伝でできることとやってはいけないことを選別した上で、9月中に提言としてまとめる考えを説明。「今まで私たちの業界は行政から言われたことに対応してきたが、今後はこちらから提言させていただき、少しでも営業に前向きに進める形をとっていきたいと考えている」と述べた。また、東野代表は新型コロナウイルスの感染防止にも触れ、「いずれウィズコロナから脱コロナになる時が来ると思いますが、その日に向けて今やれること、やらなければならないことを私たちは粛々と取り組み、ホールでクラスターを発生させないようにしたい」と、これまで以上の対策推進を呼びかけた。
 
理事会ではコロナ禍において、会員、賛助会員との交流がままならない状況を鑑み、新規入会の正会員に対しての表敬訪問と、賛助会員のセミナー型プレゼンテーションの開催が事業委員会より提案され承認された。これはコロナ禍の長期化によって、特に賛助会員においては、企業の営業活動が厳しく制限され、団体内においてもその機会が著しく逸失している状況を踏まえてのもので、プレゼンテーションを通じて、賛助会員企業の販路拡大と、今後の営業活動に協力することが目的とされている。このセミナー型プレゼンテーションは、「MIRAIの学校
2021秋のオープンキャンパス」と銘打ち、団体設立1周年記念事業の一環として10月25日から29日までの5日間で行われることが決定した。セミナーはMIRAI会員企業のほか、登壇企業の招待者、および一般業界関係者の参加を可能にするという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.