PCSAが社員総会と公開勉強会を実施、勉強会では業界の将来像について議論

PCSA全景0822パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は8月22日、都内千代田区のPREMIUM神保町で第18期第1回臨時社員総会および第69回PCSA公開経営勉強会を開催した。

臨時社員総会の冒頭にあいさつした加藤英則代表理事は、残り1年半ほどに迫った新規則機への更新や、消費増税、改正健康増進法の施行に触れ、「残念ながら、これらを解決できる特効薬はなく、地道に取り組むしかない。そして苦しいときほど、顧客目線に立ち返る基本が大事になってくる」と述べるとともに、将来に対して不安に思うスタッフに対するケアも重要だと呼びかけた。

また総会では、会員から集めたアンケート結果をもとに、各種業界データを類推した「PCSAデータベース2019」を報告。それによると、貸玉収入から景品出庫額を引いたホールの営業収入は2兆6,228億円、雇用人数は22万3,733人、法人税納税額は904億円となっていたことなどが伝えられた。

一方、総会後に行われた公開勉強会では、業界の将来像をテーマにパネルディスカッションを実施した。そのうちPCSAモデレーターで、ダイナムジャパンホールディングス取締役会議長兼代表執行役、ダイナム取締役会長の佐藤公平氏は、業界が社会に受け入れられるには、時代に即した射幸性のあり方を考察する必要性があると指摘。「今は集客を射幸性に頼っているが、一般社会がどう思うのかを考えて、射幸性を自ら制限していくのが、あるべき姿ではないだろうか。業界は社会からの声を聞き、また誤解を招かないように発信もしていかなくてはならない。今後、社会の理解なしに業界が存続していくのは難しく、パチンコそのものの存在を見つめ直し、本当の娯楽を目指す方向に、業界が覚悟を持って変えていく必要がある」と訴えるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.