骨髄バンク啓蒙イベントでパチスロを展示

パチスロ機の企画・開発を手掛けるエピクロスは、11月14日と15日の2日間、都内渋谷区の代々木公園で開催された「東京雪まつり2020」に協賛し、同社が開発に携わったパチスロ機を会場に展示した。
 
このイベントは、スポーツやアート、音楽を通じて献血や骨髄バンクの啓蒙を図ることを目的に開催されているもので、同社ではイベントがスタートした2010年から参加。毎年、来場者が自由に遊べるように遊技機を展示しており、今回は直近で開発に携わったカルミナの「探偵オペラ ミルキィホームズ1/2の奇跡」など5台を用意した。そのうちの1台は、イベントの主催者であるSNOWBANK代表のプロスノーボーダー、荒井DAZE善正氏がボーカルを務める「DAZE BAND」のオリジナルペイントを施したパチスロ機となっていたことから、同バンドのファンや来場者の注目を集めていた。
 
エピクロスでは「イベントの趣旨に賛同してこれまで10回に渡って参加しているが、骨髄バンクや献血の認知向上はもちろん、実機に触れることでパチスロの醍醐味や楽しさも知ってもらえれば」という。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.