骨髄バンク啓蒙イベントでパチスロを展示

パチスロ機の企画・開発を手掛けるエピクロスは、11月14日と15日の2日間、都内渋谷区の代々木公園で開催された「東京雪まつり2020」に協賛し、同社が開発に携わったパチスロ機を会場に展示した。
 
このイベントは、スポーツやアート、音楽を通じて献血や骨髄バンクの啓蒙を図ることを目的に開催されているもので、同社ではイベントがスタートした2010年から参加。毎年、来場者が自由に遊べるように遊技機を展示しており、今回は直近で開発に携わったカルミナの「探偵オペラ ミルキィホームズ1/2の奇跡」など5台を用意した。そのうちの1台は、イベントの主催者であるSNOWBANK代表のプロスノーボーダー、荒井DAZE善正氏がボーカルを務める「DAZE BAND」のオリジナルペイントを施したパチスロ機となっていたことから、同バンドのファンや来場者の注目を集めていた。
 
エピクロスでは「イベントの趣旨に賛同してこれまで10回に渡って参加しているが、骨髄バンクや献血の認知向上はもちろん、実機に触れることでパチスロの醍醐味や楽しさも知ってもらえれば」という。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.