警察庁、現行AT機の問題点も指摘

パチスロメーカーらで組織される回胴式遊技機製造業者連絡会はこのほど、9月16日から保通協で実施される出玉率の下限を測る試験手順変更に加え、警察庁から指摘されている今後のパチスロ開発における注意点を同連絡会の会員各社に伝えた。

それによると、AT主体のスペックなどで採用されている、出玉率が増減ゼロとなるボーナスを搭載した仕様や、2種BBの扱いについての注意点を列挙。また演出面でも、有効ライン以外で表示された小役を際立たせる演出や、いわゆる0ゲーム連などを表現するために採用されているリール演出などは、プレイヤーが誤認する可能性があるとして改善を要請した。さらに、現行のAT(ART)機が有する機能の問題点も指摘した。

このうち現行機の問題点については、天井到達時に多くの出玉を獲得できるいわゆる「プレミア天井」的な性能や、消化ゲーム数に応じて抽選状態を変化させる機能、通常プレイと全く関係がないクイズに正解したら上乗せが行われるなどの機能を挙げ、今後、日電協、日工組が中心となって、新たなルール作りを行うように促している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.