アサヒディード、「機種紹介シート」活用でサービス向上はかる

アサヒディードは、店舗スタッフが来店客に対して遊技台の説明を詳しく行えるように、商品管理担当による指導研修を行っていると発表した。年々複雑になっていく遊技機のスペックや特性を店舗スタッフが来店客に分かりやすく説明できるためのスキルアップが目的。
 
研修会では、遊技台のスペックを「暗記して口頭でのご案内」という今までの方法をやめ、「機種紹介シート」を社内で作成。新台のスペックを暗記しなくても、その場でシートを見ながら来店客に案内できるサービスを徹底させている。遊技台の面白さをその場で分かりやすく伝えるこのサービスに対して来店客からは「こんな案内をされたのは初めて」「好きなスペックに似た機種なら打ってみたい」との声が寄せられているという。
 
「機種紹介シート」は今年7月に「イルサローネ藤井寺店」「同泉佐野店」で活用されて以降、現在6店舗で運用されており、同社では今後、全店での運用を目指しているという。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.