善都、新広告にビートたけしを起用

愛知県のホール企業・善都はこのほど、お笑いタレントで映画監督のビートたけし氏を同社の新広告に起用し、10月10日から各媒体で広告出稿を展開している。
 
新広告での新たなキャッチコピーは「遊びたいは、片想い。遊ぶは、両想い。」同社では今回の新型コロナ禍で気づかされたという、さまざまな問題を前向きにとらえて、来店客とZENTが以前よりもさらに良いかたちで両想いの関係を築いていきたい、との想いが込められている。出稿媒体は屋外看板広告として名古屋高速「上社JCT」「明道町」、豊田市元城町「神谷ハイツ」、新聞媒体では中日新聞三河版・中部経済新聞・岐阜新聞に15段広告として出稿されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.