NEXUSグループ中間決算で減収に

NEXUSホールディングスは関連企業2社の前期決算を同社ウェブ上で発表した。それによると2020年6月決算におけるNEXUS株式会社の売上高は前年対比79.2%となる2,066億円、営業利益は同42.7%の27億円となった。また、株式会社パラダイスの売上高は同92.7%の606億円、営業利益は24億円だった。
 
上半期は新潟県上越市に「D’ステーション上越店」(NEXUS)を新規出店したものの、消費税増税をはじめ、新型コロナウイルスの影響によって事業縮小を余儀なくされ、2社ともに減収となった。下期は高射幸性遊技機撤去に伴う入れ替え対応や、新型コロナウイルス感染防止対策を行いつつ、事業規模の拡大を図っていく方針で、通期ではグループ全体で売上高3,000億円、営業利益60億円を見込んでいる。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.