安田屋、マスク3万1,000枚を医療機関に寄付

関東圏を中心に27店舗をチェーン展開する安田屋(東京都板橋区)は4月27日と28日、新型コロナウイルス対策支援として、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の医療機関にマスク3万1,000枚を寄付した。マスクは各自治体を通じて医療現場に届けられることになっている。

寄付されたサージカルマスクの内訳は、27日に東京都へ1万枚と埼玉県に7,000枚、28日には千葉県に7,000枚と神奈川県へ7,000枚。同社は4月8日以降、新型コロナウイルス感染拡大防止で国や各自治体から緊急事態宣言が発出されたのに伴い、全店舗で臨時休業しており、災害備蓄用や営業用に購入していたマスクに余力ができたため医療機関に寄付することにした。

同社では「都内をはじめ関東圏は特に感染者が多く、医療体制の崩壊が危ぶまれている状況にあると承知している。医療従事者の安全確保や安全な医療体制の構築に少しでもお役に立てればと思い、今回の寄付を決めた」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.