山形県遊協は、組合員ホール全93店が4月25日から5月10日までの休業に入ったことを明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた政府の緊急事態宣言が16日に全国に拡大され、山形県もその区域に入ったことから、県は22日に県内の遊興施設などに休業協力を要請。これを受けた県遊協が県内全施設に通知し、全店がこれに応えた。

政府の緊急事態宣言が5月6日までとなっているのに対し、山形県では他県との往来者が起因となって接触者に感染が拡大している状況を考慮し、5月10日までのゴールデンウイーク期間中の休業を県内各施設に要請した。全国の緊急事態宣言明けの気の緩みによる感染拡大の懸念もあり、県遊協も県の方針通りに10日までの休業要請を行った。
 
また、吉村美栄子知事は24日、ゴールデンウイーク期間中の休業要請に関し、従わない場合は事業者名を公表することも含めて取り組んでいく考えを示していた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.