福岡の玉屋が余剰マスク1万枚を医療機関に寄付

福岡、佐賀で16店舗を経営する玉屋は4月14日、医療機関の上部団体にマスク1万枚を寄付した。
 
寄付したマスクは、もともと社員用に発注していたものだったが、新型コロナウイルス感染拡大によって福岡県を含む 7都府県で「緊急事態宣言」が発令されたことで、同社経営のホール14店舗が4月8日から当面の間、臨時休業に入ったことで余剰がでていたもの。
 
同社では「福岡県の中でも福岡市は特に感染症の感染者が多く、医療関係者の業務が多忙を極め、マスク不足に陥っているとお聞きしています。医療に集中できるように、少しでもお役に立てる一助になれば」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.