ニラクが郡山市と「災害時における車両避難場所等提供協力」を締結

福島県を中心に店舗展開するニラクは8月7日、郡山市との間で「災害時における車両避難場所等提供協力に関する協定」を締結し、協定締結式が8月8日にグランドオープンした同社の新規店「ニラク郡山大町店」で行われた。

締結された協定は、有事の際に駐車場等の一時的な車両避難場所としての提供や避難者に対しての水道水、トイレ等の提供、避難者に対しての各種災害情報の提供を行うというもの。災害に見舞われた場合には市の要請に応じて、郡山市内のニラク9店舗にある3230台分の駐車場や水道水・トイレの提供、災害情報の発信を実施する。同様の協定は、郡山市にあるホールではニラクが初めての締結となる。

協定締結式に出席したニラクの谷口久徳社長は、「私どもは創業70年を迎え、ここ郡山で育てられ65年になります。郡山でも特に河川の氾濫など、東日本大震災以降は経験が無いほどの災害に見舞われていますが、これまでお世話になっている郡山に恩返しがしたいという思いで何かお役に立てることはないかと従業員の思いを一つにして、このたびの締結にいたりました。今後とも、地域の皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、地域のまちづくりに取り組む企業として郡山市と連携しながら、災害への備えと災害が発生した時の早期復旧に向けた惜しまない協力を引き続き行って参りたいと思います」と挨拶した。

今回の協定締結を受けて同社では「本協定を機に郡山市と連携し、安全・安心な地域づくりを目指すとともに、地域社会へのさらなる貢献に取り組んでまいります」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.