ダイナムビジネスサポートが緊急消防援助隊に研修施設を提供

ダイナムジャパンホールディングスの関連会社であるダイナムビジネスサポートは、11月14日に行われた消防庁の緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練に、山口県下関市にある同社所有の研修施設「マリンピア豊浦ダイナム研修所」を訓練用地として提供した。

緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練は、大規模災害時に被災地の消防機関だけでは対応できない場合に、全国の消防機関が都道府県単位で部隊を編成して、迅速に被災地で救助活動を行う消防応援制度のもとに実施されているもので、平成8年度から全国を6ブロックに区分して毎年行われている。今回の合同訓練には広島市消防局指揮支援隊、岡山市消防局指揮支援隊、北九州市消防局指揮支援隊、島根県統合機動部隊、岡山県統合機動部隊、広島県統合機動部隊のほか、陸上自衛隊第17普通科連隊、門司海上保安部、山口県警察本部から約1,000名が参加し、山口県で豪雨および大規模地震が発生したことを想定してさまざまな救助活動を行った。

マリンピア豊浦ダイナム研修所は、ダイナムジャパンホールディングスグループが所有する大規模研修施設のひとつで、2004年6月に開設。総敷地面積13万坪、総床面積2,420坪、274名が収容できる大規模な施設で、従業員教育のほか、従業員とその家族の保養施設として利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.