ダイナムビジネスサポートが緊急消防援助隊に研修施設を提供

ダイナムジャパンホールディングスの関連会社であるダイナムビジネスサポートは、11月14日に行われた消防庁の緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練に、山口県下関市にある同社所有の研修施設「マリンピア豊浦ダイナム研修所」を訓練用地として提供した。

緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練は、大規模災害時に被災地の消防機関だけでは対応できない場合に、全国の消防機関が都道府県単位で部隊を編成して、迅速に被災地で救助活動を行う消防応援制度のもとに実施されているもので、平成8年度から全国を6ブロックに区分して毎年行われている。今回の合同訓練には広島市消防局指揮支援隊、岡山市消防局指揮支援隊、北九州市消防局指揮支援隊、島根県統合機動部隊、岡山県統合機動部隊、広島県統合機動部隊のほか、陸上自衛隊第17普通科連隊、門司海上保安部、山口県警察本部から約1,000名が参加し、山口県で豪雨および大規模地震が発生したことを想定してさまざまな救助活動を行った。

マリンピア豊浦ダイナム研修所は、ダイナムジャパンホールディングスグループが所有する大規模研修施設のひとつで、2004年6月に開設。総敷地面積13万坪、総床面積2,420坪、274名が収容できる大規模な施設で、従業員教育のほか、従業員とその家族の保養施設として利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.