長崎県遊協が県と災害発生時の施設使用協定を締結

長崎県遊協は9月25日、災害発生時に自衛隊や警察などの救助活動拠点として各店舗の駐車場を提供することを定めた「災害発生時における施設使用等に関する協定」を結び、長崎県庁で締結式が行われた。協定により、今後、長崎県内で大規模災害が発生した際には、同県遊協は県からの要請に応じて傘下組合員ホールの駐車場を警察や消防、自衛隊の活動拠点場所として提供する。
 
協定調印式では、同県遊協の松尾道彦理事長と荒木秀長崎県危機管理監が協定書を交した。荒木危機管理監は、「今回の協定締結によって大規模な自然災害が発生した時に組合員の皆様の店舗駐車場を提供していただくことが可能になったことは、大変心強い。本県の防災力の向上に大きく貢献するものと考えている」と感謝の言葉を述べた。また、松尾理事長は「長崎県にも大きな被害をもたらした台風10号が通過した際には、県民の皆様の車の一時避難所として、ほとんどのホールが駐車場を開放したが、協定を締結したことによってより迅速に人命救助や被害の復旧に対応することができる体制が整った。今後も組合員全員が、必要な時にはお互いに助け合うという認識を持って営業していきたい」と語った。
 

県遊協に加盟する県内130店舗のうち駐車場がある115店舗には2万7千台分の駐車場がある。9月7日の台風10号通過の際には、県内に所在するホールのうち少なくとも50店舗が自主的に無償で地域住民に避難場所として立体駐車場を無料開放している。
 
調印式の模様は地元テレビやNHKのニュースなどでも放送された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.