サン電子primeAIセミナー、今後の機種運用など解説

サン電子セミナーweb用サン電子は9月19日、都内東上野のジュエラーズタウン・オーラムでprimeAI(プライムアイ)セミナーを開催。「新規則機・6号機完全移行に向けて今できること」をテーマに、パチンコについてはトータル・ノウ・コネクションズの高橋正人代表取締役が講演し、パチスロについてはユニークワークスの上田健介ゼネラルマネージャー、メイドインサービスの飯田信一常務取締役、同社情報戦略部の北瀬紳一郎チーフアナリストの3氏がパネルディスカッションを行った。
 
まず高橋氏は、スタート賞球数が少ない仕様などいわゆる低ベース機が出てきた背景や理論を説明した上で、そうした機種の稼働を安定させるための運用術を紹介。ユーザー体感のない機種管理のムダ、ムリな粗利構築は客足が遠のく、ムラのあるスタートは液晶が止まるといった運用上の注意点とその問題解決について解説した。さらに、機種選定する上での簡単なシミュレート手法、業績の昨年対比100%達成を目指すために必要な事項などについても説明した。
 
パネルディスカッションでは、6号機の効果的活用、消費増税の対応、年末の撤去問題への対応、来年に向けてやるべきことの4つをテーマに討論。上田氏は、外税対応は粗利確保都合でなく稼働が上がりやすい時期に何らかの施策に合わせて実施すること、年末の撤去問題に対応する適正な導入台数の算出方法などについて語った。また飯田氏は、売上や粗利を減らさないために必要な機種の確保、高純増AT機の導入に関する注意点、6号機の性能から20円ユーザーを柱とする集客へのシフトなどについて述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.