保通協の型式試験、5月の適合はパチンコ7機種、パチスロ10機種に留まる

保通協は6月1日、令和2年5月の型式試験状況を発表した。

それによると、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言の発令による試験業務の一時停止に伴い大幅に適合数が減少、パチンコ7機種、パチスロ10機種に留まり、パチンコ、パチスロともに今年の最低値を記録した。

また適合率は、パチンコ機が前の月と比べて約2.4ポイント減の約26%となった一方で、パチスロ機は前月比約16ポイント増の約37.0%と大幅に上昇している。

なお、令和2年5月の型式試験状況は以下の通り。
◯パチンコ 受理件数16件、結果書交付27件、適合7件、不適合20件
◯回胴 受理件数16件、結果書交付27件、適合10件、不適合17件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.