オーイズミが初代を完全継承したパチスロひぐらしシリーズ最新作を発表


オーイズミは10月21日、10年前に発売され、技術介入効果の高さなどが人気を博した初代のゲーム性を完全継承したという新台「パチスロひぐらしのなく頃に祭2」のプレス発表会を、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンライン形式で開催した。

ボーナスと純増約1.0枚となる完走型ARTが融合した新機種は、獲得可能なARTゲーム数を、運もしくは目押しの成否によって増やすことができる初代のシステムを再現している点が最大の特徴だ。さらに今作では新たに、ポイントを集めるゲーム性も搭載。「回避ナビポイント」と呼ばれるポイントを集めることで、ART発動の期待度が上昇する仕組みが盛り込まれている。

ボーナスは、最大202枚の獲得ができる「オヤシロボーナス」と、同160枚の「ひぐらしボーナス」、そして同56枚となる「富竹ボーナス」の3種類。このうち、「オヤシロボーナス」および「ひぐらしボーナス」時は、終了後もれなくARTが発動するため、初当り期待値は、「オヤシロボーナス」が約420枚、「ひぐらしボーナス」が約370枚となっている。また、初代に加え、シリーズ機である「パチスロ うみねこのなく頃に」の打感が再現されているリール制御も魅力のひとつだ。

発表会冒頭に挨拶した大泉秀治社長は、初代発売当時の経緯を振り返りながら、「6号機でありながら、前作に匹敵する最高のスペックを適合させることができた。収録映像もオリジナルで新たに書き下ろすなど、シリーズ最高傑作となった当機を是非体感してもらいたい」と新機種をピーアールした。
©竜騎士07 / 07th Expansion



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.