アミュゼクスセミナー、今年の遊技機販売台数などを報告

アミュゼクスアライアンスの月例セミナーが12月17日、都内港区のNNスペースで開催され、同アライアンスの田守順代表、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、ピーエスプランニングの渥美公一代表が講演した。

第一部で「業界最新情報」をテーマに講演した田守氏は、来年4月に迫っている改正健康増進法に対するホールの対応について説明。来店客の内、およそ5割が喫煙者である点を強調した田守氏は「これからは喫煙者への配慮も必要になってくるのではないか。喫煙スペースの充実度が今後の差別化戦略の一つだと考えると、非喫煙者はもちろん、喫煙客も快適に過ごせる遊技空間の創出が、今後のホール作りのポイントになってくるだろう」と、同法への対応が集客に大きな影響を及ぼすとの考えを示した。
 
第二部では高橋氏が矢野経済研究所がまとめた集計データに基づいて、2019年度のホール経営企業の倒産件数を中間報告した。それによると4月から11月時点での合計は14件。2018年度が30件だったことから今年度も例年通り低水準で推移しているとのこと。説明によるとホール運営企業の倒産件数は2007年度の140件をピークに下降しており、高橋氏は「2019年度も閉店軒数は世間でいうほど多くはないのではないか」との見通しを述べた。
 
第三部では渥美氏が今年1年間のメーカー別販売台数と機種別販売台数を独自の調査に基づいて報告した。それによるとパチンコメーカーでは京楽産業が13.8万台でトップ、以下ニューギン(12.3万台)、三洋物産(11.7万台)と続いた。また、パチスロメーカーではサミー(14.1万台)、大都(8.2万台)、オリンピア(6万台)の順だった。一方、機種別ではパチンコでは「PA海物語with太鼓の達人」(5.8万台)、「P牙狼冴島鋼牙」(4.9万台)「P必殺仕置人」(4.6万台)、パチスロ機では「SRe:ゼロ」(7.9万台)、「S北斗の拳天昇」(6万台)、「S叛逆の物語」(3.3万台)の順だった。渥美氏は一年間の流れを振り返りながら「来年は新基準機への入れ替えが大詰めを迎える年。供給台数は今年以上に増えていくと思われるが、さまざまな要因と可能性が重なって具体的に予想するのは難しい年になる」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年8月号

主な記事:

ギャンブル等依存症対策関連業種の「パチンコ一人負け」状態続く
出玉性能は依存の原因とはいえない「依存対策=業の疲弊」の構図からの脱却へ

エリアレポート・厳しい競争に晒され駅前ホールが極端に減少
長期の業況悪化にコロナ禍 京浜東北線沿線「浦和3駅」の変貌

インタビュー/日本遊技機工業組合 榎本善紀理事長
管理遊技機市場投入は来年4月を目処にプラスアルファ搭載で検討

インタビュー/余暇進 佐藤正夫新会長
憩いの場としてのパチンコの役割と原点を意識し時代に合わせた対応を

遊技通信創刊70周年記念対談 ・ 全商協会長 中村昌勇氏

令和3年度日遊協総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

社会貢献大賞表彰式、石川県遊協と金沢支部が合同で受賞

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.