遊技産業未来研究会がセミナー開催

セミナー全景遊技産業未来研究所のセミナーが9月26日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで行われ、PRC社長の中田藤生氏、グローリーナスカ営業統括部営業推進部情報分析グループマネージャーの堀金泰陽氏、遊技産業未来研究所代表の中野忠文氏が講演した。
 
このなかで今後のホール営業をテーマに講演した中田氏は、現状の稼動状況を踏まえながら遊技機の運用面の見直しを指摘。「8月から9月にかけての稼動は盆明けということもあって急落したが、気になるのはパチンコ、パチスロともに玉・メダル単価が高かったということ。今後、旧基準機の撤去などで客離れがさらに進行することを想定すると、もう一度顧客目線に立った営業方法の見直しが必要だ」と述べ、特にパチスロは6号機のポテンシャルを最大限に引き出す運用を今一度検討すべき、とした。続く第二部では堀金氏が自社の顧客分析サービスである「遊動」の効果的な活用方法を解説。導入実績をポイント換算して高射幸性機種と相関性の高い機種を弾き出す分析機能を説明しながら「今後のホール経営は旧基準の主力機から後継機への入れ替えが進むが、そこで重要になってくるのは旧基準機と相関性の高い6号機の機種選定。『遊動』の効果的なデータ活用によって厳しい時代を乗り切ってほしい」と呼びかけた。第三部では中野氏が低賞球のパチンコ機を解説するなかで「TYは多少高まっているが、公表スペックをみる限り大きな出玉性能の向上はみられない。旧低ベース機と比べると賞球低下分の恩恵は小さいのではないか」との見方を示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.