PAAが総会および講演会を実施、行政担当官は広告宣伝の健全化推進に期待感

ぱちんこ広告協議会(PAA)は12月4日、都内港区のTKPガーデンシティ品川で第3回社員総会および講演会を開催した。挨拶した大島克俊理事長は、4期目に突入する同会の今後について言及。「4期目では、成果という形で実をつけなければならないと考えている。業界環境は厳しいが、広告に関する会社が集まったなかで何ができるのかを考え、業界に貢献できるよう取り組んでいきたい」と抱負を表すとともに、今期の活動指針として、業界課題への取り組み、新規ファンの創出、PAAオリジナルサービスの拡充、運営体制の強化などを掲げた。

会合後に催された懇親会には、警察庁保安課の小清水徹係長が臨席し、同山田好孝課長の挨拶を代読。「貴協議会では、広告宣伝に係るガイドラインの策定やセミナー等の開催など、広告宣伝を健全化すべく力を尽くしていると承知している。広告宣伝の健全化は、清浄な風俗環境を保持するため不可欠なものであるとともに、パチンコへの依存防止対策を進めるうえでも欠かすことはできない。パチンコ業界は広告宣伝に関する全国的な指針を策定し、本年度中に公表するとしているが、そのなかで貴協議会が大きな役割を担っていただけることを心から期待している。依存防止対策を含めたパチンコ営業の健全化については、私どもにとっても重要課題の一つ。これに向けた施策をより一層推進していきたいと考えている」とし協力を求めた。

一方、講演会では日本広告審査機構(JARO)の山本一広専務理事、日本カジノスクールの大岩根成悦校長、全国モーターボート競走施行者協議会総務部の川津大輔参事がそれぞれの立場から、広告宣伝をテーマに登壇した。このうち、全国モーターボート競走施行者協議会の川津参事は、モーターボート競争における依存症問題の取り組みについて紹介。発症防止、進行防止、回復支援といった3つのフェーズごとに実施している依存対策を披露するとともに、今後パチンコ業界とも情報交換を行っていきたい考えを示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.